誰にも知られずに、自分でできる吃音(どもり)を克服する方法

実は、私も5歳〜27歳までの22年間どもり(吃音)で深刻に悩んでいました。

しかし、なんとか吃音(どもり)を克服したいとう一心で、心理学・児童心理学・選択理論心理学・生理学・成功法則・加速学習など吃音(どもり)の治療に関連がある分野の研究をしました。


そして、ある方法を構築してからは、1日9分の足らずのトレーニングを21日続けただけで、あんなに苦しんでいた吃音(どもり)を克服できたのです。


私にはわかります。


吃音(どもり)の人は、自分が吃音(どもり)だという、劣等感、あせり、孤独感、無力感そういった心理状態によって、ますます吃音(どもり)が強くなっていきます。

まさに「吃音(どもり)スパイラル」にはまってしまうのです。
吃音(どもり)を克服するためには、この「吃音(どもり)スパイラル」から抜け出すことが大切です。

そして、吃音(どもり)の克服に必要なのは、心のトレーニングです。
それは、誰にも知られずに、自分一人で取り組むことができる方法だったのです。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。